芸能人、エンタメ、政治、経済等の情報ニュースサイト

裏ニュースレポ

事件 芸能人、エンタメ

TOKIO解散決定!!山口達也書類送検とリーダー城島茂の怒り

更新日:

急転直下、ジャニーズの兄貴的存在であったTOKIOの解散が決定してしまった。(このニュースにはウソが含まれています)

鉄腕ダッシュが人気番組となっていただけに、日本テレビとジャニーズとどちらも泣く泣くの決断ではあるが、事があまりに大きいため避けられない決断となった模様だ。

 

TOKIOの話し合い

TOKIOメンバーである山口達也の書類送検が明らかになり、緊急会議が開かれた。メンバーはTOKIOメンバーとウエンツ瑛士とダチョウ倶楽部の肥後である。

ウエンツ瑛士はWaTの解散を経験しているので良い意見を出すかもしれないということで呼ばれ、肥後はリーダー繋がりで城島茂に呼ばれ緊急会議に参加した。

会議はウエンツが場を和ませるため、メジャーリーグ大谷翔平の話題を出したところつい盛り上がってしまい、話が脱線し3時間ほどたってしまったのちに本題に入る運びとなったようだ。

話し合いでは山口達也が犯してしまった罪を反省するなど、神妙な雰囲気で行われた。その時の食事はハンバーグ弁当であったという。

ちなみに会議が終わるまでダチョウ倶楽部の肥後は一言も言葉を発しなかった事も明らかになっている。

 

リーダー城島の怒り

昼飯時ということでタイミングが悪かったのかもしれない。

各々ハンバーグ定食弁当を手に取ったのだが、リーダーの弁当だけかなり中身が寄っており、弁当箱の白ご飯にハンバーグのソースが漏れまくってしまい、更に備え付けサラダのドレッシングもハンバーグにかかってしまっていたのだ。

これにブチ切れたリーダー城島が、

「ご飯にハンバーグのソースがかかるのはまだ許せる。しかしハンバーグにドレッシングは許せない。これ分かるよな?」

とメンバーに怒りをぶちまけ、あろうことか全員分の弁当のハンバーグを窓から放り投げる事態になってしまったのだ。

さすがにそこまでされてはメンバーも黙ってはいない。リーダー城島に三行半を突きつけ、その場でTOKIOの解散が決定してしまった。

 

ジャニーとジュリー喜多川

ジャニーズ事務所では、TOKIOの報告を受けるために役員らが集まり、最終的な決断を下すべく、こちらでも会議が開かれた。

解散の報告を受け、会議を行ったジャニー事務所代表者のジャニー喜多川、メリー喜多川、藤島ジュリー景子、そしてジャニーズ・エンタテイメント社長の小杉理宇造、イタコに呼び出してもらった天国の森光子らは、「リーダーの気持ちが分かる。」と一致した見解を示した。

ただしリーダーとは城島茂のことなのか、ダチョウ倶楽部肥後のことなのかは分かっていないが、とりあえず解散は受理されることになったようだ。

ジャニー喜多川はとりつかれたように「ジュリーが解散ジュリ」とダジャレを連発しており、その場の空気はあまり良くなかったことも明らかになっている。

天国の森光子は今何を思うのだろうか。

オススメ記事 TOKIO山口のキスした相手が明らかに!

-事件, 芸能人、エンタメ

Copyright© 裏ニュースレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.