2ch5chまとめ 芸能人、エンタメ、政治経済について

2chニュースレポ

スポーツ

日本と中国が合同チーム結成し決勝行わず金メダル!【卓球世界選手権】

更新日:

スウェーデン・ハルムスタードで行われている、卓球の世界選手権。

その団体戦の舞台で前代未聞の出来事が起こってしまった。何とベスト8に残った韓国と北朝鮮が突如タッグを組み、合同チームとして準決勝に上がってきたのだ。

(チーム名は「コリア」)

つまり戦わず疲弊せず、メンバーも選り取り見取りで日本と準決勝を戦う事になったのだ。

日本はいつも通り、何の抗議も行わなかったが、何とか準決勝でこの南北合同チームを下すことができた。そして卓球界の珍事は南北合同チームで終わりではなかったのである。(この記事は嘘が含まれています。)

 

日中合同チーム

日本が南北合同チームを破り、反対側のブロックでは中国が勝ち上がってきた。

そして決勝の舞台、何と日本と中国が手を組み日中合同チームを結成、戦わずして両国の代表選手が金メダルを獲得することに成功した。

これを受けて北朝鮮と韓国の南北チームは「誠に遺憾」「ずるい」と自らの行為を棚に上げ、日中チームの金メダルはく奪をスポーツ仲裁裁判所に訴える意向だ。

チーム名

日中合同チームに関しては、2つのチーム名が最終候補に残った。

「日中チーム」

「中日ドラゴンズ」

票はかなり割れたが、日本チームが全力で中日ドラゴンズに反対したため、最終的には「日中チーム」に落ち着いた。

なお既に卓球世界選手権の開催地であるスウェーデンに向かっていたドアラ君は、「残念だが仕方ない」と、すぐに名古屋にとんぼ返りした。

帰国直後のドアラ君は元気がなかったが、客席に落合博満を発見して、から元気でがんばっていたという。

 

次の世界選手権でも合同チーム

尚次の卓球世界選手権でもこの合同チーム作戦は行われるようで、イングランドとスウェーデンと中国が同盟を組み、日本イタリアドイツは日独伊三国同盟を組み、世界卓球選手権を戦うことが明らかになっている。

この流れはサッカーワールドカップや野球のWBCでも続くと見られているが、反対の声も多く、全世界でデモ活動が起こり、死傷者が続出している。

平和のためという名目で立ち上がった合同チームであったが、更に争いを生む結果となってしまったようだ。

 

石川佳純

平野美宇(日本生命)、伊藤美誠(スターツ)を率いる、卓球日本代表の主将である石川佳純(全農)は、合同チームについて

「こんなことって・・・凄く驚いた」

「想定の範囲外だったけど、やることは同じ。自分たちの卓球をする」

「これで愛ちゃんのことを皆が忘れてくれたらうれしい」

とニンマリと毒を吐いていたという。

卓球はアジア圏で人気のスポーツだが、今回の件で世界で注目され、合同チームって楽しいな、と普及が進むかもしれない。










-スポーツ

Copyright© 2chニュースレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.